LMJ新ホームページを公開しました。コロナ環境を乗り越えて発展するビルオープンシステムの普及促進をめざして皆様に役立つ情報をオープンに提供していきます。ご質問は気軽にお問い合わせからどうぞ。

2022年3月LMI e-news Letter2022 March

  • 2022年4月1日
  • 2022年4月1日
  • 未分類
  • 49view
  • 0件

注目!!!FT-5000製品の潜在的な陳腐化について広まっている噂を払拭したいと考えています。ルネサスは、この製品を廃止する予定はなく、今後何年にもわたってサポートします。

LONMARKインターナショナルは、メンバーのスキル、能力、経験を結集して、現在の世界が直面している主な課題の解決策を特定し開発します。 メンバーベースの非営利組織LMIは、ISO /IEC14908およびANSI/CEA-709シリーズの規格に基づく相互運用可能なシステムを可能にします。 2022年3月-LONMARKeNewsletter

新メンバー紹介:Member Focus: BCA Engineers

1.BCAEngineers は、防火、電気、HVAC、および配管システムの統合設計と認証を専門とするオーストラリアの学際的なエンジニアリング会社です。

2.メンバー製品の更新-現在エシェロンLonMark製品を所有しているFT-5000ルネサスエレクトロニクス(www.Renesas.com)は、FT-5000製品の潜在的な陳腐化について広まっている噂を払拭したいと考えています。ルネサスは、この製品を廃止する予定はなく、今後何年にもわたってサポートすることを楽しみにしています。現在、半導体業界のほとんどで供給の問題が発生しており、エシェロン製品(およびFT-5000)も例外ではありません。短期的にはお届けが制限されますので、ご不便をおかけして申し訳ございません。供給の制約が緩和され始めたため、この問題の解決と配送の増加に取り組んでいます。最近廃止されたFTT-10A変圧器のような製品は、私たちの制御が及ばず、サプライヤーの廃止が原因でした。これらの製品について質問やコメントがある場合は、Echelon製品の製品マーケティングマネージャーであるAndrew Lee(andrew.lee.ry@renesas.com)に連絡してください。


3.AHR教育セッション:Janauryで開催されたAHRExpoでは、次のような多くのトピックに取り組む1日の教育セッションがありました。ビルディングオートメーションがスマートグリッドに適応-Rolf Bienert、LonMarkInternationalスマートシティが照明制御ソリューションに真の相互運用性を要求する理由-LVX Global CostEffectiveIPベースの高速有線通信テクノロジーのMarkVerheyen-Michael Navid、よりスマートなスタックでスマートビルディングの複雑さを軽減するMegaChips -Tracy Markie、EngenuitySystemsビルディングコントロールの新しいWebサービス標準-RichBlomseth、Dialog、 Renesas Company今月初めに、MarkVerheyenのセッションのライブウェビナーを開催しました。スマートシティが照明制御ソリューションに真の相互運用性を要求する必要があるのはなぜですか。このウェビナーへの録音と他のセッションからのプレゼンテーションは、https://www.lonmark.org/info/ahr-2022/で見つけることができます。

最新情報をチェックしよう!
>LonMark Japan

LonMark Japan

先進のIoTとクラウド時代のビルオープンシステム

CTR IMG