LMJ新ホームページを公開しました。コロナ環境を乗り越えて発展するビルオープンシステムの普及促進をめざして皆様に役立つ情報をオープンに提供していきます。ご質問は気軽にお問い合わせからどうぞ。

“ECHELON” 久しぶりに聞いたその名とその後の経緯

  • 2022年12月22日
  • 2022年12月23日
  • 未分類
  • 159view
  • 0件

その質問に本当に答えるには、簡単な背景の説明が必要です。若い読者のほとんどは名前すら知らないからです。 Echelonは1988 年に設立され、ネットワークと自動化の分野でオープンなピアツーピア通信を実現するというビジョンを持っています。 その昔を覚えている人にとっては、ジョンソン コントロール、ハネウェル、バーバー コールマン、シーメンス (当時は MCC パワーズ) などから DDC (ダイレクト デジタル コントロール) の急速な成長が見られ始めたのはこの頃です。 業界標準がないため、これらの各社のシステムはほとんど独自仕様で個別の方式の通信でした。 DDC は空気式に比べて非常に大きな進歩であり、皆が注目していました。

その後の数年間で、標準化されたビルディング オートメーション プロトコルが必要であることが明らかになりました。 ASHRAE もそれを認識し、1995 年に最終的に BACnet を誕生させる委員会を設置しました。それと並行して、1997 年に LON Network Services (LNS) と呼ばれるエシェロン技術に基づく標準を作成するために、LonMark が 1994 年に設立されました。

LON は、LonWorks を EIA 標準として、広く利用可能なさまざまなチップセットと、世界中のメーカーがソリューションを作成するための開発ツールを使用してそれを支えたため、すぐにリーダーとして頭角を現しました。 LON は、オートメーション市場だけでなく、産業、輸送、およびエネルギー計測市場でも採用されました。 また、米国陸軍によって、連邦政府の建物や軍事基地の優先通信プロトコルとして指定されました。 現在でも仕様に記載されているプロトコルの 1 つです。

BACnet は最初遅れましたが、ASHRAE の支援によりすぐに追いつき、プロトコル戦争を通じて、制御分野の大手メーカーが自社の製品ラインに LON と BACnet の両方のソリューションを採用するようになりました。 BACnet がビル制御スペースで好まれるプロトコルになったことは誰もが知っています。その結果、新しい設備に採用される LonWorks テクノロジーが徐々に衰退していきました。

エシュロンの株価は 2000 年の 438 ドルの高値から、わずか 5 年後には 75 ドルにまで下落しました。 栄光の日々は終わりましたが、何百万もの設備や製造業者が、それらを維持する設備基盤を持っていました。 2007 年のハイテク ブームを除いて、株価はその後 10 年間、年々ゆっくりと下落しました。

多くの人が気付いていないのは、LonWorks はビルディング オートメーションよりもはるかに大規模な応用をカバーしてきたということです。 彼らは、さまざまな業界で採用されているオープン スタンダードのネットワーク プラットフォームを作成しました。 この技術は、プロセス オートメーション、照明制御、石油およびガス、生命の安全、重要な環境、鉄道システム、エネルギー計測などの業界で現在も使用されています。 これらの業界をサポートするメーカーは、製品を構築するために依然としてエシェロンのチップセット、コンポーネント、およびツールに大きく依存しています。

1回目の買収 

2018 年には、いくつかの半導体企業が自社を差別化し、IoT や産業オートメーションなどをサポートする方法を模索し始めました。 その年の 9 月、Adesto Technologies は Echelon Corp の資産を 4,500 万ドルで取得し、Echelon ネットワーキング プラットフォームを使用して、産業分野での半導体コンポーネントの提供を強化しました。 その買収の一環として、Adesto は以前の Echelon 社の照明制御分野を売却し、その製品のサポートを廃止することを決定しました。 この時点で、多くのエシェロンの顧客は、将来の設計かLONを設計からはずす時が来たと感じました. Adesto への移行中に Echelon.com は閉鎖され、多くの人が Echelon は完全になくなったと考えました。 その話は、この分野の競合他社によっても広められました。 実際は、LNS と既存の製品のサポートは継続されてきました

2回目の買収 

1 年余り後の 2020 年 2 月、Dialog Semiconductor は Adestso Technologies (旧 Echelon Corp を含む) を 5 億ドルで買収したと発表しました。 買収の背後にある理由は、ダイアログがインダストリアル IoT 市場での地位を強化するのを助けることでした。 旧エシェロン グループがダイアログ内のインダストリアル エッジ コンピューティング部門と名付けられたのはこの頃です。 Dialog のサポートを受けて、IEC グループは、既存の顧客を引き続きサポートし、SmartServer IoT のような新製品でイノベーションを起こす任務を負っていました。 Adestoの買収前に開始された作業を継続して、IEC製品チームは「IoT Access Protocol」の略であるIAPをリリースしました。 IAP は LonWorks と同じ精神で構築されましたが、オープンで完全に相互運用できるように設計されています。 IAP は、その上に独自のソリューションを構築したり、提供される独立したデータ層を単に利用したりする多くのメーカーに採用されました。 ビル オートメーション分野の OEM とシステム インテグレーターも、IAP で構築された SmartServer IoT を採用し始めました。

3回目の買収

しかし、半導体分野の統合は続きました。 2021 年 8 月、ルネサス エレクトロニクスは Dialog Semiconductor を 57 億ドルで買収しました。 今回の買収の理由は、はるかに広範でした。 ルネサスは、低電力混合信号製品、低電力 Wi-Fi および Bluetooth 接続、フラッシュ メモリ、バッテリ、電源管理などの高度なソリューションへのアクセス、および構成可能なミックストシグナルソリューションの経験のために Dialog を購入しました。 前の 2 回の買収と同様に、エシェロンのチームが参加しましたが、そのたびにビジネス全体の構成要素が小さくなっていきました。

ルネサスのビジネスのほとんどは、流通を通じて運営されています。 これは、世界中の製造業者が現在も使用しているレガシーの Echelon チップセットとコンポーネントにぴったりでした。 旧エシェロン事業のコンポーネント面はすぐにルネサスの流通モデルに吸収されましたが、SmartServer IoT や関連製品などの残りの製品についてはどうでしょうか。 これらは、コンポーネント部品のディストリビューターが販売することに関心がない完成品です。 ルネサスのように流通にほぼ独占的に依存している会社にとって、それはあまり適していないように思えました。

4回目の買収 

ルネサスの買収から約 1 年後、私たちは何年にもわたって 4 番目の買収を行っています。 2022 年 10 月 1 日、エネルギー ハーベスティング IoT センサー企業の EnOcean は、ルネサスのインダストリアル エッジ コンピューティング グループの買収を発表しました。 Renesas は以前の Echelon 事業のコンポーネントとチップの部分を保持し、残りは切り分けて EnOcean に売却しました。 最新の買収の理由は、SmartServer IoT エッジ コンピューティング プラットフォームを使用して EnOcean のセンサー機能を強化し、顧客が建物のエネルギー消費削減に貢献できるようにすることでした。
以上のような経緯から、タイトルで提起された質問に答えるのは複雑です。 LonWorks をサポートするチップセットをお探しの場合は、ルネサスのコンポーネント販売代理店で見つけることができます。 LonWorks や SmartServer IoT などのハードウェアおよび関連製品をサポートするソフトウェアをお探しの場合は、EnOcean で見つけることができます。
この最後の買収により、IEC グループは半導体の世界から身を引くことができ、スマート ビルディング スペースに焦点を当てた戦略的適合性が向上したように思われます。 大規模な EnOcean チームが、エシェロンが開発したものをどのように利用してビルディング オートメーションの分野で価値を生み出しているかを見るのは興味深いことです。 彼らが前進するにつれて、そのチームが最善を尽くすことを願っています。

参照URL:下記の原文も参照ください。

最新情報をチェックしよう!
>LonMark Japan

LonMark Japan

先進のIoTとクラウド時代のビルオープンシステム

CTR IMG